コードトーンソロ

コードトーン1音でソロを弾いてみよう!

投稿日:2016年01月04日 更新日:

ここからはソロについて学んでいきたいと思います。ジャズギターのアドリブといえば、ジャズジャイアントとしてはウェスモンゴメリー、ジョーパス、パットマルティーノ、そして最近ではカートローゼンウィンケルやジェシヴァンルーラー、ジョナサンクレイスバーグといった超絶技巧のギタリスト達が浮かんでくると思います。しかし、いきなり彼らのようなソロを弾けるハズはありません。千里の道も一歩からです。次の楽譜を見てください。

 

コードトーン1音でソロを弾いてみよう!

1note solo

正確に言うと、このソロは「コードトーン1音+装飾音」で弾いていますがメインの音はコードトーンです。このソロを弾いてみると、「なんてつまらないソロなんだ…」と思うかもしれません。

 

が、しかし!

 

侮ってはいけません。このソロは実はジャズを学んでいくにあたって超重要なソロになっています!!このソロの肝は、各コードのポイントとなる音が、全て最終的に「3度」か「7度」の音になってます。まずは1〜4小節を見てください。

 

コードトーン1赤丸

 

赤丸で囲まれた音がF7では「7度」、Bb7では「3度」の音になっていることが分かると思います。「バッキング編」でも描いてありますがもう一度コードの構成音の位置関係を示しておきます。

F7Bb7コード押さえ方

このように「半音ズラすだけでコードの構成音を弾いている」と意識できることが非常に重要です。

スポンサーリンク


 

次の5〜8小節も見てみましょう。

コードトーン1赤丸2

ここでも同様にBb7では「3度」、Bdim7では「3度」、F7では「7度」、D7では「3度」を弾いています。D7では3度の音と弾くために少し音が飛んでいますがコードトーンだけに縛られなければ、D7を次のように「b9のテンション音」を弾いてもサウンドします。

 

コードトーン1赤丸2D7のところだけ変えた

 


 

次は9〜12小節目を見てみましょう。

コードトーン1赤丸3

 

ここではGm7から半音ずつ下がり、D7からまた半音ずつ下がっているのがわかると思います。単音のソロを弾くだけでも意味のある音であれば、このようにちゃんとサウンドするため聴く人が聴けば、「おっ!ちゃんと分かっているな〜」となります。

 

また、余談になりますが、ジムホールが以前「jazz guitar book」で曲「all the things you are」を例に挙げて3度や7度と言ったコードの構成音を意識することの重要性を語っていました。次回はコードトーンソロをもう少し突き詰めていきましょう。
ではもう一度、合わせて弾いてみましょう!

-コードトーンソロ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ターゲットノートを考えてソロを弾いてみよう!

ジャズのソロを弾く時はターゲットノート、つまり目的となる音を決めて、その音に向かって音をつなげていくと、流れのあるソロになります。 ターゲットノート 色々な考え方があると思いますが、ターゲットノートと …

コードトーンを使ってソロを弾いてみよう!

ここではコードトーンを把握するために次のソロを弾いてみてください。 全てコードトーンだけで書いています。 コードトーンをそのまま使ってみる 使っているコードの種類は7thコード、ディミニッシュコード、 …

ディレイドリゾルブでソロを弾いてみよう!

ディレイドリゾルブとは? 前の章、ターゲットノートを考えてソロを弾いてみよう!で弾いたソロで出てきましたが、コードの構成音であるターゲット音を近接した音で挟んで行くという奏法です。次の譜面をみてくださ …

大学のジャズ研究会に入ってからジャズを始めました。
趣味は、映画鑑賞、ドライブ、旅行、食べること、そして神社巡りです。ジャズブルースは本当にジャズ練習にはもってこいの曲だと思っています。一緒に少しずつ上達していきましょう!
I started "MY JAZZ LIFE" when I belonged to the jazz club in my college. My hobbies are movie, driving, traveling, eating, and visiting shrines. I think Jazz blues is the very excellent code profession. Let's play and enjoy precticing together!

兄弟サイトのシロ助のジャズベース教室もチェックしよう!
こちら