ツーファイブフレーズを弾いてみよう!その3

 

Fマイナーペンタトニックをバーティカルに弾いてみよう!

前回、前々回と、ペンタトニックによるジャズブルースのアプローチを紹介してきました。今回は、Fマイナーペンタトニックスケールをバーティカルに使用した、ツーファイブフレーズを紹介したいと思います。 マイナーペンタトニックでジャズブルースを弾いてみよう!その1にあるFマイナーペンタトニックのバーティカルな練習法からヒントを得て作ってみました。

FminorpentaIIV1


スポンサーリンク


ギターの場合、バーティカルな弦の移動は難しいため、このような音使いをするのは結構難易度が高いです。サックスの人はよくこんな感じのフレーズを吹いているのを耳にしますが、ギタリストではあまり耳馴染みがないと思いますので、練習の価値があると思います。次のフレーズはマイナーペンタトニックをバーティカルに3音ずつ弾いています

FminorpentaIIV2


まとめ

いかがでしたでしょうか、2つ目のソロなんかは単なるマイナーペンタトニックを弾いているだけなのに、かなりアヴァンギャルドなサウンドに聴こえると思います。是非これをヒントに自分なりのフレーズを作ってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です